2012ドリームコンサートにご招待

当選者発表 20名様

muu 様
michan 様
しんゆめ 様
eve 様
saki 様
Nao_ 0125-4649 様
Tomihiro2002 様
日野祐人 様
志賀俊太 様
Rippiu_mi217 様
YKcoco 様
ChihiroKt 様
Kas 様
H.Y 様
きのこちゃん 様
Yuuu 様
RYO.T 様
At430 様
Hikaru_2 様
O___kura Drdr 様




みなさまこんにちは。2012ドリームコンサート日本公式会社代表取締役崔鍾植(チェ・ジョンシク)と申します。
私が日本で生活をして早15年以上が過ぎましたが、昨年のような大きな地震を体験したのは初めてでした。
その後、毎日ニュースで被災地を拝見しながら一社会人として何かできないかをずっと考えてきました。

昨年のドリームコンサートでは、収益の一部及び私個人も義援金を日本赤十字社を通じて寄付させて頂きました。
ですが、まだ何か足りない気がしておりました。

そこで、震災から1年を過ぎた今年は、被災地の青少年のみなさまを2012ドリームコンサートにご招待させて頂こうと思います。

ドリームコンサートは青少年に夢と希望を!というコンセプトの元に、韓国を代表するアーティスト達が夢を分かち合う場としてこの日だけの特別なステージを繰り広げる韓国最大級のコンサートです。

どんなにK-POPが好きでも現地韓国まで観覧しに行くのは困難な被災地の青少年のみなさまに、
少しでもこのドリームコンサートを通じて夢と希望を取り戻して頂ける力になれたらと心より願っております。

株式会社ケイジェイシー
代表取締役 崔鐘植


エントリー方法

  1. 会員登録をして基本情報をご登録ください。
  2. エントリーページのコメント欄に「エントリーしたい理由」をコメントしてください。できるだけ詳しくお願いします。
    ※ コメント時のメールアドレスは連絡のために会員登録時にご登録いただいたメールアドレスをお書きください。
    ※ コメントは2012ドリームコンサート公式サイト内に表示されます。お名前など個人がよく特定される情報の記載はお控えください。
  3. コメントの掲載が完了するとエントリー完了となります。
  4. ご当選者様には確認のため住民票(3/11時点での住所記載の証明書)をご提出頂きますので、予めご了承ください。

  • ■ ご希望者が多数の場合は抽選とさせて頂きますことをご了承ください。
  • ■ エントリー頂けた方には、ご参加頂けるか否かを全員様にご連絡差し上げます。
  • ■ 誠に勝手ながら海外(韓国)への観覧ツアーのため、エントリーは中学生以上とさせて頂きます。
  • ■ 未成年者のエントリーは保護者の承諾書を頂きます。(保護者のいらっしゃらない方はご相談ください。)
  • ■ パスポートを持っていらっしゃる方に限ります。まだお持ちでない方もエントリー頂けますが、当選後に申請をなさってください。尚、パスポート申請代金は当選者様ご負担でお願い致します。
  • ■ エントリー時のコメントは2012ドリームコンサート公式サイト内に表示されます。予めご了承ください。
  • ■ 当選の発表は4月11日当選者様へご連絡後、2012ドリームコンサート公式サイト内でも発表させて頂きます。
  • 【航空券手配の都合上、エントリー締切りは4月10日(火) 18:00までとさせて頂きます。】


応募された方々のコメント

Chihiro Kt

私の将来の夢は通訳の仕事につくことです。
この夢の原点になったのは昨年の東日本大震災です。
昨年の3月11日の夜、不安や恐怖の中私の支えになってくれたのが大好きなK-POPでした。
和訳された歌詞を読みながら「大丈夫。1人じゃない。」そう心に言い聞かせました。
このことをきっかけに私は、韓国語だけだと意味が分からないのに、日本語に訳せばこんなに共感できたり感動できるんだ。
と、思い自分が韓国語から日本語へ訳せる人になりたいと思いました。
そこで、韓国語の勉強を始めました。
韓国ドラマを見たり、テキストを買って単語を覚えたりしました。
しかし、勉強したことを実践できる場所はなく、韓国へ行きたいと思うようになりました。
中学生で「韓国語を勉強したい」という気持ちだけで行ける訳もなく、諦めかけていました。
そんな時、このような素晴らしい企画があると耳にしました。
夢だった韓国へ行き、通訳という仕事に向かって頑張るための1歩にしたいです。
そして、私を不安や恐怖から救ってくれたK-POPアーティストの曲も聴きたいと思い応募しました。

fimi

あの震災の日から1週間後に、私は韓国に交流予定で訪韓の予定でした。
事前に重ねてきた準備はもちろんのこと、すべての日常が一瞬にして狂い始めました。
そんな中、以前交流した大眞女子高を始め、韓国の様々な方からもご支援をいただきました。
友人を亡くした失意の中でも、学校内では明るいKポップは人気でした。
音楽を聴いて浮かれている場合じゃないという周囲の大人の目もありましたが、やはり日常を失った心の何処かに癒してくれるものは必要でした。
あの時に訪問出来なかった韓国。
今回の目的は違うかもしれませんが、生きて行く為の希望や元気を与えてくれた歌手の生のパフォーマンスに触れてみたいと思います。
弟と一緒に応募します。
ご配慮いただければ嬉しく思います。

masa

今回の震災で折れそうな心を支えてくれたのは音楽でした。
特に再始動したばかりの東方神起の録画を何度もリピしました。
自ら望んだ環境ではない場所から、努力を重ね立ち上がる姿は、震災の復興に向かう被災地の人間と重なりました。
私は震災後のこの1年間は、受験生として過ごしました。
この春、新たなスタートを迎えました。
大学では、韓国語を履修する予定です。
生きる為の模範の姿勢を示してくれた東方神起の唄を、彼らの母国の晴れのステージで聴いてみたいです。
この機会を与えてくださったことに感謝したします。
一緒に応募する兄とのお招きを希望します。

yukiyuma

私は、茨城県に住んでいます。
大きな地震があってとってもこわかったです。
お姉ちゃんは今、入院していてもうすぐ退院できます。
私は小学生なんですが、4月3日がお姉ちゃんの誕生日で私はお姉ちゃんに誕生日プレゼントとして、このコンサートをプレゼントにしてあげて世界一最高の誕生日に、してあげたいです。
コンサートで入院生活のストレスなどをふっとばして笑顔でいてほしいです。
できれば、韓国で祝ってあげたいので私も、いけるようにしてください。
そのかわり、私は、韓国語がもっと話せるように勉強しておきます。
どうかよろしくお願いします<(_ _)>

たけのこさん

はじめまして。
私は宮城県に住んでいる高校3年生です。
私は純粋に韓国が大好きです。
そしてK-popアーティスト、その中でも東方神起が大好きです。
宮城県に住んでいる私は、震災時学校にいました。
帰宅しようとしたとき、ものすごい地鳴りとともに大きな揺れが数分間続きました。
地面はひび割れ、ガラスは割れ、あのような揺れは17年間生きてきて初めてでした。
地震の間、「もうだめかもしれない。」と思ったとき色々な今までの思い出がフラッシュバックしてきました。
笑顔のお母さんのこと、妹のこと、親友のこと、小さい頃の思い出。
そして東方神起の歌っている姿が浮かびました。
あの時は必死で何も考えることが出来なかったけれど今考えると死を覚悟したあの時、 家族や友人との思い出とともに東方神起が頭の中に浮かんだなんて、 私にとって東方神起とはどれだけ大きな・大切な存在なのかを生きている今だから感じることができます。
そんな大切な人たちを少しでも近くで、大好きな韓国という場所で応援したい。
この思いでエントリーしました。
最後に、まだまだ傷の癒えない被災地の人たちに、そして私に希望を与えてくれて本当にありがとうございます。
よろしくお願いします。

きのこちゃん

こんにちは。
私は宮城に住む高校3年生です。
2011年3月11日、私は家で大好きな韓国ドラマを見ていました。
ごく普通の、いつもと変わらない1日でした。
しかし2時46分、体験したこともない揺れに襲われたのです。
その日は家に帰ることは出来ませんでした。
寒空の中、車から電灯もない真っ暗な道を見ながら これからどうやって生きていけばいいのか… そんな絶望を感じたことは今でも忘れることが出来ません。
数日後、家に帰れるようになってからも 少しの揺れで足が震え、見えない恐怖に襲われる苦痛の日が続きました。
でも、そんな地獄のような毎日から救い出してくれる存在がありました。
それが紛れもなく、K-POPでした。
みんなが輝く笑顔で歌い踊る姿は私をとても勇気づけてくれました。
「もう大丈夫。
僕たちがいるよ。」 そう語りかけてくれているようでした。
彼らの笑顔を見ていると、前向きに生きていこうという希望が湧きました。
未曾有の地震がきても今生きているという奇跡を無駄にしてはいけないと思いました。
そんな生きる希望を与えてくれたK-POPスターの皆さんに、 今度は私が声援という形で皆さんを支えたいのです。
支えてくれた感謝の気持ちを直接伝えたいのです。
どうか彼らに会わせてください。
お願いします。

muu

エントリー理由:私は福島県に住んでいる高校生です。
当時高校1年生でした。
その日学校が偶々短縮授業で迎えに来てもらって車の中にいるときに地震が起こりました。
周りはスタンドと建物に囲まれてて建物のガラスは割れるし地割れするし建物が崩れてつぶれて死んでしまうじゃないかと思うほどの恐怖で今でも学校が短縮授業じゃなかったらほんとに死んでいたかもしれないと思うと怖くて怖くて。
学校は天井が落ちたりして教室で勉強していたら本当に危なかったと知って運命なんだなって思ったりもしました。
近所の家は家事になったりもしました。
津波の被害はありませんでしたが食料がなくなったりガソリンがなくなったり断水したり親戚の家は原発のせいで避難区域になって一つの家に親戚全員集まってぎゅうぎゅうになって寝たり少しの食料を分け合って食べたりと本当に大変でした。
ガソリンを買うために朝から並びに行ったり何件ものコンビニや開いてるスーパーをまわって食料を買って集めたりしてはじめての経験でした。
ずっと地震速報がなっている状態で余震が続きあの音が恐怖になりました。
3.11が過ぎてもこうして余震があったりしましたが福島県には原発というもう一つの問題もあって外にでない生活なんてできるわけもなく外にでていますが被ばくしてないかとか将来のことなど考えると本当に不安な面もたくさんあります。
1年が経った今でも学校はプレハブ生活で人が歩けば地面が動くって感じの生活だったり放射線を気にする毎日です。
この東日本大震災でk-popアイドルのみんなが動画サイトに応援メッセージをくれたり日本にきて被災地に行って協力してくれたり少しでも励まそうとライブをしてくれたりしてくれて本当に心がいっぱいになりました。
私はBEASTが大好きです。
彼らのファンで本当によかったと思うしここまで頑張れたのも彼らがいたからなんです。
たとえライブに行けなくても曲を聴いたりツイッターなどのつぶやきに励まされたりもしました。
ドリームコンサートに行きたいと考えてましたがいけるはずもなくあきらめてました。
でもそんなときこの企画を見つけてドリームコンサートに私も行けるかもしれないという希望ができました。
ほんとうにうれしかったです。
被災地のためにこのような企画を立ててくれて感謝の気持ちでいっぱいです。
ぜひ参加させてほしい企画です。
この企画に参加していままでがんばってきてよかったこれからもっともっとがんばって行こうって前向きにがんばって行けたらなと思います。
よろしくお願いします。

wkn

宮城の学校に通っているものです。
震災のあと学校に通える、水が出る、電気がつくなど日常の生活がいかに幸せなことかわかりました。
東方神起の被災地のライブビューイングでは東方神起、ファンのみなさんの温かい想いを感じることができました。
k-popは毎日家で流れています。
パフォーマンスも歌も元気がでるものばかりです。
是非生で見てみたいとおもいます。
よろしくお願いします。

Yuuu

私は、震災の影響で関東への進学を予定していましたが、できませんでした。
震災当時、避難所でk-popを携帯の充電やipodの充電が尽きるまで聞いていました。
大好きなk-popを聞いて少しでもこの暗い出来事を忘れたいそう思って聞いていました。
ですが忘れたいと思って聞いていたk-popは私に元気をくれました。
この時音楽の力を感じました。
家族と会えない寂しさや、車から聞こえる大きな音、これからどうなるのかわからない不安を忘れさせてくれる瞬間でした。
震災後、行く予定だったコンサートにいくことができませんでした。
とてもショックでした。
でも韓国のアーティストのみんなが被災地に炊き出しや、ライブに来ている姿をテレビで見て本当に嬉しかったです。
国籍は違えど、日本を被災地を思ってくれたことが本当に嬉しかったです。
大好きなk-popアーティストに韓国で会える機会を設けていただき、本当にありがとうございます。
私の影響でk-popが好きになった妹と一緒に応募します。
よろしくお願いします。

michan

私は宮城県に住んでいる高校生です。
震災当時は学校にいました。
親の迎えがないと家に帰ることができず私の親は働いているため迎えに来ることはできませんでした。
そのまま学校で友達と不安な夜を過ごしました。
早く家族に会いたい。
家に帰りたい。
と思うばかりでした。
家族と再会できたのは、二日後でした。
冷たい海水の中、家まで帰りました。
電気も、ガスも、水道もない中大好きな韓国の歌手の歌を口ずさみ、元気を出していました。
やっと電気が通った頃、古いテレビに映るのは震災による悲惨な様子ばかりでした。
とても暗い気持ちになりました。
そんな時に韓国の番組で活躍している大好きなアーティストのみんなをみると、とても元気になれました。
大好きなアーティストの歌を聴き、ダンスを見て、パソコンの向こうの世界に何度も行きたいと思いました。
このように、私が韓国のアーティストを好きになるきっかけをくれたのは姉です。
当時共に励ましあい、近所の物資の配給やボランティアをしました。
韓国のアーティストが大好きです。
震災後は家庭環境がかわり、日本でのコンサートにも行くことはできませんでした。
私に大好きな人たちを見る機会を与えていただけないでしょうか?元気をくれてありがとう、みんなのお蔭で頑張れました、と応援しながら伝えたいです。
韓国が大好きな姉と一緒に応募します。
よろしくお願いします。

Ronk

宮城県仙台市に住んでいる高校1年生です。
祖父母の家は市内沿岸部で、津波の被害を受けました。
潮の流れで全壊は免れましたが瓦礫と泥だらけで住めるようになるまでしばらくかかりました。
あの時見渡す限りの瓦礫とたくさんの捜索隊を見て、もうどうにもならないんじゃないかと何度も思いました。
私のうちも電気ガス水道が使えず大変な生活でしたが、祖父母たちに比べれば全然マシでした。
電気が戻って久しぶりに大好きな東方神起の歌を聞いたとき、何だかわからないけど泣きました。
そして、まだまだこれから頑張ろう、と思えてきました。
好きなものを好きといえる環境に感謝しようと思いました。
生で聴くことができれば本当にうれしいです。
生きているから出来ることだと思います。
祖父母やいとこ、おばたちはその後3カ月ほど避難所に暮らしました。
避難所にはたくさんの支援品が届きました。
その中にはハングル文字も洋服や食料品もたくさんありました。
韓国のみなさんありがとうございました。
抽選に外れても、どうしてもお礼をしたかったのでここに書きます。

RYO.T

19歳の大学生です。
昨年の3月11日には、まだ高校生で宮城県気仙沼市に住んでいました。
あの日、18年間過ごしてきた実家は津波で流され跡形もなく、小さい頃からの思い出も、大好きだった少女時代のCDも全て失ってしまいました。
津波到達時には、まだ実家の中で…気がつけば壊れた家の柱につかまりながら海に浮いていたところを近くの漁船に助けてもらいました。
それからの明日が見えない絶望的な毎日を『頑張ろう』という気持ちにしてくれたのは、少女時代の歌です。
今でも辛くなったり、苦しくなったりしたときは必ず聞きます。
将来、両親のために昔の家よりもっともっと温かい家を建ててあげたいと必死にバイト代を貯金していて、経済的にも厳しく行きたいのですがなかなか韓国に行くことができません。
K-popのパワフルなパフォーマンスを生でみて元気と勇気をもらいたいです。
是非よろしくお願いします。
今回はこのような企画を考えてくださり、本当に感謝いたします。

mimon

宮城県仙台市に住んでいる学生です。
私の住んでいる地域は震災直後ガス・電気が止まりました。
その日、沿岸部で仕事をしている家族が帰ってきませんでした。
何十回、何百回とある余震の恐怖と家族が帰ってこない不安で寝れない震災夜、ふと東方神起などのK-POPが頭の中に流れてきました。
音楽を聞こうと、ウォークマンの電源を入れるが入らず、それでも頭の中でK-POPが流れていて不安な夜が少し良くなりました。
3月11日は本当にK-POPに助けられました。
K-POPのTVやDVDを見て、音楽を聞いて心の中で「ありがとう」と言うのではなく、実際にアーティストの皆さんを目の前にして「ありがとう」と伝えたいです。
この企画を考えてくださった方、感謝しています。

soap

宮城県石巻市渡波に住んでいます。
自宅の数百m先は太平洋です。
死を感じながら、やっとの思いで避難したところで数夜を過ごしました。
街灯も壊れ真っ暗な中、先が見えないことへの不安、助けを求める人々に対して何もできないことへの無力感・・・そんなものが寒さとともに毎夜襲ってきました。
その状況下でそれらを和らげてくれたのは、逃げる際に携帯したMP3から流れる音楽でした。
充電が切れるまでのあいだ、音楽に助けられ支えられました。
そして日が経つにつれ、物資も届き始め、ボランティアの方々もいらっしゃって下さいました。
赤の他人である人々が1つの目標に向かって手を取り合い、全力で行動していました。
誰かのために全力を尽くす…その人間ゆえの素晴しさと美しさに感銘を覚えました。
そしてそれは、明日を生きるとても大きなエネルギー源となりました。
コンサートも同じです。
アーティストとオーディエンスが「成功」という目標に向かって、全力を尽くします。
私はその場で再び大きなエネルギーを貰い、そのエネルギーを復興に活かせればと思い、応募いたしました。
復興させるのは、被災した地元民以外の何ものでもないです。
そのための力になればと思っています。
何かを目指し、成し遂げる力は何よりも強いです。
よろしくお願いいたします。
最後になりますが、震災から一年が経過し、支援やボランティアの減少が顕著になっている今、このような企画を立ち上げていただき、本当にありがとうございます。

ふくしま

福島県在住です。
  今年、WOWOWで放送された、ドリームコンサート2007~2010を拝見し、4年分を数日で見たためか、アーティストの方々が 年々 進化しているのを感じ、驚き、感動しました。
歌手になるために 努力され、競争を勝ち抜き、夢がかなった方たちなのに、それがゴールでなく、さらに努力し上を目指す姿は、まさに ~青少年へ夢と希望を ~のコンセプトにあっていて、さらに、その生き方は子供達のお手本になると思いました。
私は、まだ韓国には行った事がありませんが、韓流ドラマが好きになり、そこから韓国の文化などを知り、韓国料理、K-POPも好きになりました。
私と一緒に子供達もテレビを見て楽しんでいます。
原発事故後、子供達はいろいろな制限の中暮らしています。
大好きなサッカーも室内での練習だけにさせていますし、登下校も車でおこなっています。
地元ではほとんど室内で過ごすため、休みの日に遠出し地元でできない事をさせ、まとまった休みには西日本の方で過ごさせています。
食事も食材選びに気を使う日々です。
1年前普通であった事が出来ない日々、それでも、命あることに感謝し、なんとかこの子供達が健やかに成長できることを願い、できるだけの事をしてあげたいと思っています。
残念ながら福島空港から現在韓国便は出ていませんが、移動時間を考えると、西日本へ避難するより近い韓国、でも連れて行きたいと思っても、旅費や滞在費を考えると遠い韓国。


そんな風に思っていた中、このような企画をしてくださり、とてもありがたく思っています。
これまでも 様々なご支援をいただいて感謝するばかりです。
 震災後に何があっても対応できるようにと子供達のパスポートを取得しました(使う予定もなく真っ白ですが)のでぜひ参加させていただきたい所ですが、残念ながら わが子は2人とも小学生の為エントリーできません。
ただ、最近感動したドリームコンサートに被災した子供達を招待してくださることに感謝伝えたく長々とコメントしてしまいました。
是非今後とも素晴らしいコンサートを続けていただきたいと願っております。
そして、いつか 子供達と訪問し私が映像で感じた感動を子供達に現地で感じて欲しいなと思います。

Q-bonita Rnt

私は原発から40kmの福島県いわき市に住んでいた。
地震後、母と妹、そして2匹の猫と共に山形へ避難し、約1カ月間のレオパレス生活を送った。
父は家計を支えるため実家に残った。
苦渋の決断だった。
限られた生活費での生活は両親に対して申し訳なく罪悪感でいっぱいだった。
同時に生活費が底をついたら…という恐怖も感じた。
一方で、放射線を浴びせまいと最善を尽くしてくれた母と、自分の健康を犠牲にし、家族を大切にする気持ちで私たちを支えてくれた父には感謝の気持ちで溢れている。
私の大好きな、誇りの両親だ。
さて、今回の韓国への旅では、人々と意見を交わしたい。
なぜなら私は人の価値観を知ることに興味を抱いているからだ。
地震後に何を考え、感じ、何を学んだのか。
得たものをどのように活かしているのかを知りたいと心から思っている。
そして、祖国のアーティスト、K-popを実際に見聴きし、楽しみたい。
最後に、私たちにこのような素敵な機会を提供していただき、ありがとうございました。
寛大な心遣いに感謝します。
多くの人が幸せなひとときを共有できますように…。
家族です

wooyu

東日本大震災があって1年が経ちましたがこのような企画をしていただき、忘れずにいてくださることに感謝いたします。
そして被害にあった私たちを元気にする為にこのような素敵な企画をしてくださって本当に感謝の極みです。
地震があって以来、明日何があってもおかしくないんだと考えるようになり、後悔しないように生きなきゃ!と思えるようになりました。
今回も応募せずに後悔したくないという気持ちで応募させていただきました。
韓国に行く為にパスポートを取得しましたが、1度も使用できていません。
地震があった時に日本に向け韓国の芸能人の方もたくさんの励ましのコメントをくださいました。
これだけ今、韓国が大好きな人たちが大勢いる日本にはとても大きな励ましになりました。
好きな人の言葉は本当に元気をくれるんだと実感しました。
復興が進み、日本にもだんだんイベントンなどで韓国の芸能人の方も来ていただける機会が増えとても嬉しいです。
是非韓国に実際に行って本国で楽しんで歌う彼らを見たいです。

Tapunzel-lee

放射線の影響で福島県いわき市から避難して一年が経ちました。
震災後、転学先の学校に馴染めず、ツラい毎日を送っていました。
そんなとき大好きなK-POPや少女時代の歌や踊りを見てとても励まされました。
そのお返しに今回は私が少女時代やK-POPの応援をしにコンサートに参加したいです! 家族です。

Swi285jp-d

今回、このような機会をくださったことに心から感謝申し上げます。
私は4年ほど前、東方神起がきっかけでK-POPを聴くようになりましたが、その中毒性のあるメロディとビート感そして歌手の方々の洗練されたルックスにすぐK-POPに夢中になりました。
3月11日の震災が起きてしばらくはいつ来るかわからない余震への恐怖感とライフラインも一切途切れたことで今後の生活への不安感が募り正直、音楽を聴く余裕はありませんでした。
しかし、震災から一か月が過ぎ生活もやっと落ち着いてきたころに私の日常に色を添え、力を与えてくれたのは音楽でした。
音楽は私に寄り添い、気持ちを励ましてくれました。
私は人を励ましたり元気づけることのできる音楽の持っている力に初めて気が付きました。
もちろんCDやipodでK-POPを聴くのも最高ですが、生で!その上本場で!K-POPを聴くことができたらこんなに素敵なことはないと思います。
ドリームコンサートではステージの熱気を直に感じ、同じようにK-POPを愛している方々と一緒に歓声を挙げてみたいです。
どうぞよろしくお願いします。

YOON 9

はじめまして。
被災地の青少年の為に、このような夢ある企画を立てて頂き、本当にありがとうございます。
東日本大震災の日。
私は福島に住んでいました。
あの恐ろしい震災と原発事故により、私の生活は一変しました。
入社予定であった勤め先を失い、福島では生活できなくなり避難を余儀なくされました。
大好きだった少女時代の、ジャパンツアーコンサートに行けなくなった事も残念でした。
避難所から避難所へ・・落ち着かない毎日。
幾度となく、くじけそうになった心を支えてくれたのが 大好きな少女時代の歌でした。
歌が心に安らぎと、生きる力をあたえてくれるんだと言う事を、身を持って知った1年でした。
生活が落ち着いてくると、あの時コンサートに行けなかった事がくやまれ 「いつかきっと!」と、 それが私の夢になり希望になりました。
でも今の状況では、韓国に行くなんて夢のまた夢です。
そんな時、この企画を知りました。
私も行きたい!行って大好きな少女時代やK-POPのアーティストに会いたい! そして辛い時支えてくれてありがとうと、真心込めて声援を送りたい!と思い、姉と一緒にエントリーしました。
よろしくお願い致します。
家族です。

YKcoco

こんにちは。
私は福島県福島市に住んでいる看護学生です。
私は去年の3月11日、体験したことのない揺れに襲われ、水も止まり、停電や携帯電話の使えない状態でした。
友達や遠くに住んでいる親族の安否がわからず、テレビからの情報もない不安な日々が続き、食べ物も何もかもが流通を止めて、慣れない毎日で体調を壊したこともありました。
そんな時、心に安らぎをくれたのが音楽でした。
中学生の時から大好きだった東方神起やKARA、少女時代など、たくさんのK-POPの 曲に元気をもらいました。
『"辛い"と思うより、どんな小さな出来事も''幸せ"だと考えよう、楽しいから笑うのではなく、笑っていれば楽しかったり幸せなことがきっと起こる』と思うようになりました。
それからの1年間、同じ痛みや悲しみを抱いた人に幸せや安らぎを与えたいと思う一心で、看護の勉強を一生懸命しています。
自分にとってK-POPという存在が大きくあったように、相手にとっても自分の存在が大きいと思われるようになりたいなぁ~なんて思いながら…(笑) また元気をもらいたいという思いで応募させてもらいました。
最後に被災地復興、被災地の青少年のために こういった機会をくれたことに感謝します。
ありがとうございました。

しんゆめ

私は宮城県の仙南地域に住む高校2年の女子です。
今回エントリーした理由は2つあります。
1つ目は「K-POPアーティストの皆さんに会いたい」からです。
震災の時は、ライフラインが停止し避難所生活を経験しました。
余震や先の見えない不安で押しつぶされそうになりましたが、私を支えてくれたのはK-POPであり、K-POPアーティストの皆さんの存在でした。
私は3年前からK-POPの大ファンで音楽プレイヤーには300曲以上もの楽曲があり、家には関連グッズがたくさんあります。
私にとって正真正銘「元気の源」です。
負けそうになったとき、諦めそうになったとき、泣きそうになったとき、私はいつもK-POPにパワーをもらいます。
言葉が分からない歌詞でも意味を調べて、その上で聴くとより感動します。
それがいつの間にか、会いたいという気持ちに変わりました。
とにかく大好きで会いたい気持ちを、自分の心の中だけに留めるのではなく、このドリームコンサートへ発信したいのです。
2つ目は「ありがとうを伝えたい」からです。
震災では、韓国の方々をはじめK-POPアーティストの皆さんには数多くのご支援をいただきました。
本当に心から感謝しています。
被災地での度重なる炊き出し、募金活動、寄付などに涙が出ました。
また、アーティストの皆さんの応援メッセージや動画には勇気をもらい励まされました。
大阪や新潟などで行われた復興支援コンサートでも元気と希望をもらいました。
私は地方出身なので参加できませんでしたが、テレビで見てうらやましくて仕方がなかったです。
ドリームコンサートに行きたいという思いがさらに増しました。
そんなとき、大好きで大ファンであるU-KISSさんのコンサートに今年の3月、参加することができました。
メンバーの震災に対する思いや溢れ出す涙にとても胸が熱くなり、号泣してしまいました。
私は、そんなあたたかい支援をしてくださるアーティストの皆さんに直接ありがとうを伝えたいのです。
しかし、韓国に行きコンサートで思いを伝えることや直接言葉を贈るのは経済面や生活の状況を考えると不可能です。
ドリームコンサートの出演者のアーティストの皆さんの中には、日本デビュー未定の方々や、韓国での活動が多忙なために来日が少ない方々もいて、会える機会はほとんど無いはずです。
なので、私にできるのは、このドリームコンサートでアーティストの皆さんに、心からの熱い声援で感謝を伝えることだと信じています。
このようなチャンスは2度と無いと思います。
K-POPが大好きで大好きで大好きで、K-POPの無い日々は考えられません。
K-POPを愛する気持ちは誰にも負けません。
どうか私の夢をかなえてください。
どうか私の思いを届けさせてください。
よろしくお願いします。

MEI 44

はじめまして。
この度被災地の青少年の為に、このような夢ある企画を立てて頂き、心からお礼申し上げます。
2011年3月11日。
私は福島に住んでいました。
この世の終わりかと思うような大きな地震でした。
ライフラインは全て断たれ、雪が降る暗闇の中で繰り返す余震に怯えながら、過ごしたあの日の事は ひと時も忘れた事がありません。
携帯が通じるようになった頃、「一刻の猶予もない、原発が爆発する前に福島から脱出しろ」と、親戚に言われましたが 脱出するにもガソリンが無くて・・・本当に生きた心地がしませんでした。
それでも世界中の沢山の方々に励まされ助けられ、1年経った今 避難先ですが元気に新しい生活を送っています。
辛い時、いつも心の支えになっていたのは、大好きなK-POPでした。
沢山の義援金や温かいメッセージもいただきました。
(感謝の想いを伝えたい・・・楽しい思い出を作りたい・・・) 贅沢かもしれませんが、もし叶うなら大好きな東方神起や 韓国の素晴らしいアーティストの方々が出演する 韓国最大級の、夢のようなコンサートに参加させていただきたいと思い 妹と一緒にエントリーしました。
よろしくお願い致します。
家族です。

lvpoooop

宮城県の仙南に住んでいる高校2年の女子です。
今回このような支援をしてくださり、本当に感謝しています。
私の住んでいるところは内陸部で津波は免れましたが、知り合いが亡くなったり 助かったものの、沿岸部に住んでいた祖父母が津波に流され、精神的なダメージを受けていました。
しかし4年前から好きだったK-POPの力を思い知ることも出来たんです。
動画を通じてのメッセージや様々な支援、 3月に行われたU-KISSのライブに参加した時はメンバーが涙ながらにメッセージをくださいました。
涙が止まらず、私ってこんなにK-POPから元気をもらってるんだと気付かされ、 U-KISSファンで、K-POPファンでよかったと実感しました。
K-POPは私にとって、大袈裟と思われるかもしれませんが 本当にかけがえのない存在なのです。
大好きで大好きで大好きで大好きでならないのです。
K-POPアーティストの方々はいつもファンに対して応援してくれてありがとうって言うけれど 本当は私達がありがとうって言わなければいけないんだなって思ったのです。
しかし私だけの手で伝えるのは難しいことです。
だから私はドリームコンサートに参加し、 笑顔や元気をくれるK-POPアーティストたちにたくさんのファンの方々と一緒にたくさんの声援を送り、 私の声なんてちっぽけなのですが、ありがとうという気持ちとこの私の大きな愛を伝えたいのです。
そして素直にK-POPアーティストの方々に会いたいのです。
そういう思いでエントリーしました。
どうか伝えさせてください。
叶えさせてください。
よろしくお願いします。

eve

住所:宮城県仙台市太白区 エントリーしたい理由:まずはじめに、このような企画を与えていただきありがとうございます。
私の住む場所は内陸部であるため津波の被害はなかったものの、停電と断水、ガスの復旧に1か月かかるという被害を受けました。
また、家がマンションであり、部屋がとても入れない状況だったため、車や祖母の家で3日間生活をしていました。
車のテレビやラジオからは現実とは思えない悲しいニュースばかりが流れ、震災後もなかなか立ち直ることができませんでした。
しかしそんな時私を励ましてくれたのは、音楽、そして友達でした。
震災後、被災地のためにK-POPのコンサートが何度か開催されました。
私は、言語も文化も違う韓国のアーティストの方々が、被災地のため、そして日本のために一生懸命パフォーマンスをする姿をテレビで見て感動し、また夢や希望をもらいました。
そして、ぜひこの目でその音楽を感じてみたいと思いました。
しかし開催場所が東京や大阪ばかりで、被災者である私たちが行ける距離ではありませんでした。
私はそれが残念で悔しかったです。
そんな時友達の存在がとても大きく、一緒にK-POPを聴いたりテレビから応援したりして、お互いに励まし合いました。
その友達は小学校からずっと私のそばにいてくれて、震災後に韓国のアーティストの方々が活躍する姿を見て感動し、私と同じく「多くの人をを感動させられるような人になる」という夢を持ちました。
今回このような企画を知り、ぜひその友達と参加し、震災後、実際に感じることができなかったあの感動を生で感じたいと思いました。
また、この企画に参加することであの震災の出来事を心に受け止め、これから夢に向かって歩んでいくための励みになると思いました。
学校でよく言われるのが、「君たちが宮城を復興させていくんだ」という言葉です。
私たち2人は音楽がとても大好きです。
なので、もしこの企画に参加できるのであれば、このコンサートをしっかりと目に焼き付け、肌で感じ、夢に向かって、そして復興に向かって前進していきたいと思っています。
よろしくお願いします。

Ars_tvxq

私は震災時、避難所にいました。
電気、水道、ガスが使えない中で暮らしていました。
テレビを見たくても見れず、ラジオでは安否情報について流れていて、今、日本全体がどうなっているか分からないまま過ごしていました。
普段できることができなくなっていました。
毎晩ある余震の度に起きては寝れなくなりました。
そんな時に、電池が残っていたiPodでK-POPを聞いていました。
おかげで気持ちも楽になり、私たち若い人達が頑張らなくてはならないと思いました。
大好きな東方神起や2PMにKARA、そんな人達に韓国で会えるなんてとても嬉しく思います。
今年は大学受験を控えています。
受験前の最後の息抜きに今回のドリームコンサートに参加したいと思いました。

kirin5

3月11日、地震と津波の恐怖や不安でいっぱいでした。
家も津波の被害にあい、家族が皆無事かもわからない… そんなとき、逃げたときにたまたまポケットに入っていた音楽プレイヤーで大好きなK-POPを聴いて励まされたし、これから頑張ればなんとかなる!と思う事ができました!!! 韓国や各国の方々からのたくさんの支援、本当にありがたく感謝しています!!後から見たK-POPの方々のコメントで、更に元気づけられました。
K-POPの方々のように元気づけられる人になれるよう、これからも、K-POPを聴いて頑張りたいと思います!!! この気持ちを是非韓国の会場で伝えたいと思い、応募させていただきました!!!

toritori0248

福島県に住んでます。
震災から1年が経過しましたが、昨日の出来事の様です。
自宅が半壊し 原発が水素爆発した事で子供を連れて非難しました。
今は、自宅に戻り生活をしてます。
そんな中 K-POPに出会いました 私も子供もパワーある歌とダンスに すっかり魅了されました。
いつかはソウルで生のパフォーマンスを見たいと思っていました。
震災の影響で福島空港のソウル便がなくなってしまい近い国の韓国が 今では、遠い国になってしまいました・・・ この企画で是非、生でK-POPのコンサートを見たいです。
これからも困難な状況は続くかもしれませんが、1歩づつ前に進んで行こうと思います。

K U

3月11日から一年。
とても長く感じた一年でした。
韓国のアーティストの方々から励ましのメッセージや歌声をたくさん届けて頂き感謝の気持ちでいっぱいです。
言葉の壁を乗り越え、心でつながっていると 感動しました。
ドリームコンサートで 『ありがとう!』 と感謝の気持ちを伝えたいです。

saki

宮城県仙台市に住んでいる高校3年生です。
震災が起きて、水道・電気・ガス全てが止まっている中で、緊急地震速報の音に怯えながら毎日必死で過ごしていた時は、音楽を聴くことなんてすっかり頭にありませんでした。
ある日家の中を片付けていたら、偶然いつも使っていたMP3を発見し、はっと我に返って聴いてみると、大好きなk-popの曲が流れてきました。
自分で、気持ちが少しずつ明るく前向きになっていくのが分かりました。
母と弟もk-popが大好きなので、「今日、久しぶりにk-pop聴いたんだ!」と話すと、k-popの話題でとても盛り上がり、久々に心から楽しく会話したのをよく覚えています。
辛い時も、k-popを聴くだけで、元気が出て、頑張ろうという気持ちになれました。
震災前から、k-popのアーティストの方々が集うドリームコンサートに行ってみたいと、ずっと思っていました。
k-popの素晴らしさを再確認してから、その思いはさらに強くなりました。
ぜひ、ドリームコンサートに、母と弟と3人で行きたいです。
そして、アーティストの方々に、感謝の気持ちを声援で送りたいです。
よろしくお願いします。

yuu

住所:宮城県仙台市太白区 被災者の為にこの様な企画、本当に本当にありがとうございます。
3月11日の地震で自宅のマンションは、ガスが止まり、水道管の破裂、エントランスが斜めに下がってしまうなど、とてもひどい状態でした。
毎日、毎日、朝6時からお店の前に並び、ガスボンベ、電池、食パンなど買いに走り、雪が降る中、何時間も並び、必死に過ごしていた事、忘れられません。
余震も多く、寝る時はすぐに逃げられるようにリュックを枕元に置いて寝ていたのも思い出します。
そして、余震がおさまっても、いつも揺れている感じがとれなく体も大変だったのを思い出します。
私の家は自営業ですが、事務所の中もめちゃくちゃになり、歩く場所もない状況でした。
そんな中、少しづつ片付けをして、再開できるまでにしましたが、収入も何ヶ月もなく、このままどうなるんだろうか??と不安の日々が何ヶ月も続き、すっかり落ち込むばかりでした。
でも、そんな中、子供達がかけていたK-POPの音楽を耳にしているうちに、不思議と気持ちも明るくさせていただいて、次第にK-POPの話で子供達とも楽しく会話するようになりました。
あの時、被災地では大変な状況でしたが、子供達の心のケアもK-POPの音楽や話でずいぶん助けられた事を思い出します。
本当に感謝しております。
今では、家族全員がK-POPファンであり、いつかコンサートをみに行けるようにと目標をたてて頑張っていました。
今回、このコンサートの事を子供達から聞きました。
青少年と言う事でしたので、娘はお友達とエントリーさせていただきました。
何となく親としては子供達だけで行かせるのも少し不安な気持ちもありまして、今回、子供とは別に親としてエントリーさせていただきました。
震災をK-POPで乗り切った子供達とK-POPに助けられた親の私達(2名)も一緒にコンサートを見させていただき、また子供達と新しい思い出が作れればと心から願っております。
震災から1年、とても早く感じた1年でした。
1年が過ぎたなんて信じられなく、まだ最近の出来事のように感じています。
新たな1年を子供達と頑張っていけるように夢が実現しますように。。。
どうぞ宜しくお願い致します。

はな

あの日から1年たった今でも被災地のためにこの様な企画を実行して下さりありがとうございます。
被災地に住むファンにはとてもうれしい話題です。
宮城県に住む20代です。
韓国アーティストの音楽がとても好きです。
いつのまにか日常に欠かせない存在になってました。
震災があったあの日は生涯忘れる事のない日になりました。
看護師をしてます。
被災者でもありますが救助側に徹する事で必死でした。
被災者になって同じ立場になったからこそ救助する現場に携われたのかもしれません。
そんな異常な毎日を目の当たりに体力的にも精神的にも救ってくれたのが震災前当たり前の様な毎日に聞いていた韓国の音楽でした。
ハングルで分からなくとも日本語に訳してみると元気付けられる歌詞があったり改めて韓国の音楽の良さに気づくことも出来ました。
またアーティストがplay for japanと祈ってくれた想いには胸が打たれました。
震災が起こった年に韓国に初めて渡韓する予定でした。
空港は津波が襲い不可能になりました。
今年は…と思っていたときにこの募集をぜひ被災地の方に行って欲しいと被災地に住んでない方のブログで拝見し応募させて頂きました。
文章で想いを伝えるのは苦手ですがどうぞ宜しくお願い致します。
ありがとうございました。

osa

震災後の韓国のアーティストの方々の日本へのメッセージ、とても嬉しかったです。

Nao_ 0125-4649

私は、石巻市に住む者です。
去年3月11日の津波で家の屋根まで水が来ました。
私は、避難所に一人でいて、とても不安でした。
家族と会えたのは、4日後(3月15日)でした。
とても長く感じ、会ったときは凄く 嬉しかったです。
忘れられない3月11日、生きたからにはくよくよしては、いけないと思います。
震災後、私は音楽に励まされました。
そして、いろいろなアーティストを知りました。
韓国のアーティストの方々が出演される夢のようなドリームコンサートに行けると聞き応募しました。
とても楽しみです。
宜しくお願い致します。

YTK

3.11の震災によって 自宅まで津波が到達しました。
あれから一年が立ち、瓦礫はかたづきましたが放射能の問題はまだ収束しません。
私の住んでいる街は漁業の町ですが、漁業はまったく先がみえない状態で、TVから聞こえる町の名前は、よくないニュースを流すときだけになってしまいました。
そんな先がみえない中、KーPOPのパフォーマンスには落ち込んだ気持ちを前向きにさせる力がありました。
どうしたらこんなに歌いながら踊れるんだろう、どれだけ努力したんだろう、どんな苦労があったんだろうと。
一歩進む力を私にあたえてくれます。

o-kyou

あの日は 仕事が休みで歯科医院で治療を終え 自宅の駐車場に着いたと同時にグラグラと!  家の中には 足の不自由な娘とチワワが2匹 何度も何度も繰りす大きな揺れ 家の中がグチャグチャになり 普段は杖無しでは歩かない娘が チワワ2匹を抱っこして杖無しで庭に出ていた! その歯科医院も津波でもう無い! 国内はもちろん海外の方達の支援に感謝です! そんな中でも 名古屋の友達がメールで送ってくれた 東方神起からの応援メッセージに涙が止まりませんでした! 絶対生きて2人に「ありがとう」を伝えたいと この1年頑張ってきました!! 年齢的に何歳までが青少年にはいるのか分かりませんが 2人の事を思っている時の私は 永遠に20代の乙女です!!

ak_coco

福島在住の者です。
毎日朝からずっと原発や放射能のニュースばかりで心が暗くなっています。
そんな心をいつも癒してくれるのがK-POPでした。
明るい曲調や軽快なメロディのダンスミュージックは頑張る元気を、しっとりとした雰囲気や心に寄り添うような歌詞のバラードは励ましを与えてくれます。
今回この企画を知った時、このようなチャンスは二度とないと思いエントリーさせていただきました。
大好きな皆さんに会えるかもしれないというだけでとても心が踊っています。
これから先の未来を歩む力にしたいです。
どうぞよろしくお願いします。

wild

震災から一年。
日本は海外諸国から多くの支援を受け、復興に向け一歩一歩前へと歩み始めています。
震災の日、私は仕事の都合で都内にいた為に電車が止まり、数日間自宅に帰ることが出来ませんでした。
最寄の駅まで復旧には数ヶ月かかると言われ、交通手段がなく歩いて帰るしかありませんでした。
そして、その時に歩きながら聞き続けていたのがKーPOPです。
長い道のりの中、K-POPのメロディとアーティストの歌声はとても励みになり、何度も元気を貰いました。
ドリームコンサートはもちろん音楽番組などで見る韓国のアーティストは一生懸命歌い、踊る姿が印象的です。
そんなアーティストの歌声や姿には人を元気にするパワーがあると思います。
私の住む地域では断水、停電などライフラインの被害を受けました。
周りでは家の屋根が崩れたり学校が崩れたり、、今もまだ修復されていない家もあります。
しかし、津波の被害を受けた地域の方々は私の地域とは比べものにならないくらい大きな被害を受けていると思います。
なので今回エントリーしていいものか考えるところがありましたが、あの日聞いていた歌声を生で聞ける機会はめったにありません。
今まで韓国での観覧はしたことがなく、韓国最大級とも言われているコンサートをぜひ一度体感してみたくエントリーさせて頂きます。
ドリームコンサートを通じてもう一度パワーを貰えたらと思います。
素晴らしい歌やパフォーマンスを披露してくれる韓国のアーティストをこれからも応援していきたいと思います。

Tomihino2002

エントリーしたい理由 宮城県石巻市に住む中学二年生の男の子の母です。
震災で自宅は津波被害にあい、大規模半壊でした。
現在は、自宅を修理して暮らしています。
震災後、彼は中学入学と環境が変わって大変だっただろうに、決してその大変さを見せることなく、いつも笑顔で家族に元気と明るさを分けてくれました。
二階のみでの自宅避難の生活の中で食事を作ることもできず、毎日菓子パンやオニギリだけで不自由だったにもかかわらず、いつも歌を歌ってはみんなを楽しませてくれました。
彼は、少女時代さんが大好きで、テレビは欠かさずチェックして、自分で歌ったり踊ってみせてくれています。
そんな彼に、今回のドリームコンサートをプレゼントと出来たらと思い、応募しました。
彼も、すごく乗り気で、ワクワクしていました。
この一年、自宅のそうじや修理の手配、実家の取り壊しなど様々なことで慌ただしくて、どこにも行けませんでした。
十年後、二十年後のこれからの復興を担う彼らに、より広い世界観を持ってもらいたいと思います。
それと、大変だったことの多かった一年を吹き飛ばすくらいの楽しいひと時をプレゼントしたいです。
よろしくお願いいます。

Diabolos-0704

はじめまして。
宮城県亘理町在住の者です。
まず、このような企画を考えて下さってありがとうございます。
今回エントリーしたのは自分の為ではありません。
日頃お世話になっている職場の上司のためです。
K-pop好きな方で、昨年の震災で絶望の淵にいた私を勇気づけ、支えて下さった方です。
当選した暁にはプレゼントしたいです。
昨年の震災が起きた時は自宅にいました。
押し寄せる津波から逃げるのに必死でした。
辿り着いた避難所から見た地獄絵図は脳裏に焼き付き、一生忘れない光景です。
ライフライン全て絶たれ、孤立した避難所で家族で肩を寄せ合い、不安な夜を過ごしました。
震災発生1週間後、宮城県気仙沼市の叔父の死を知りました。
小さい頃からお世話になった優しかった叔父さん…何故…一瞬にして叔父さんの命を奪った津波…やり場のない悲しみと絶望に打ちひしがれ、避難所で泣きました。
あれから1年が経ち、今は家族で仮設住宅で生活しています。
日本国内に止まらず、世界各地から様々な支援や、支援物資をいただき大変感謝しております。
その中でも音楽の力はとても大きいと感じています。
1人でも多くの方がドリームコンサートを見て心に希望の光を見い出せる事を願わずにはいられせん。
私はドリームコンサートを通じて日頃お世話になっている方に感謝の気持ちを伝えたいです。
「生きていてくれてありがとう」と。
どうかよろしくお願いいたします。

日野 祐人

エントリーしたい理由 宮城県石巻市に住むこの春高校二年生になる男です。
震災当時は中学三年生で翌日に卒業式を控えていました。
しかし、あの震災で卒業式は中止になりました。
私の自宅も津波にのまれてしまいました。
迫り来る津波に必死に走って近所の裏山に逃げ、なんとか命は助かりましたが、山の上から見た光景は地獄そのものでした。
あまりのショックで言葉も出なく、何も考えられませんでした。
ただ、雪の降る中で、寒かったことだけしか思い出せません。
その後、母と暗くなってから山を降り、泣きそうな母に声をかけることしかできませんでした。
そのあと自宅に戻ると、一階は壁やガラスが壊れ、泥だらけでしたが二階だけは残っていました。
あれから一年が立ち、自宅の修理をして暮らしています。
テレビに映る東方神起の迫力あるダンスや元気な歌声に何度励ましてもらったことか、今、本当に生きているんだなあという実感がわいて、感謝しています。
今回この企画を知り、本当にありがたく思いました。
絶望のあの日からなんとか頑張っていてよかったと思えるように夢と希望のたくさん満ち溢れたドリームコンサートを自分も見てみたいと思いました。
これから、もっともっと頑張れそうな気がします。
そして、みんなに感謝の気持ちを伝えたいと思います。
よろしくお願い致します。

At430

初めまして。
私は宮城県仙台市在住の専門学校1年生です。
今回は私たち被災者の為にこの様な企画、本当にありがとうございます。
震災当時は福島県飯舘村に住みながら、隣町にある南相馬市立原町高校に通っていました。
3年程前からずっとk-popのファンで、独学で韓国語の勉強もしています。
震災前から韓国旅行を夢見ていて、高校の卒業旅行に!と思っていた矢先に震災に遭いました。
私の家は地震や津波の被害はありませんでしたが、原発事故の影響で避難を強いられ、3.11から現在まで3回引っ越しをしました。
そんな状況で韓国旅行に行くお金も時間も確保することが出来ず、計画を練る暇もなく今日を迎えました。
そんな時偶然このツアーを見つけ、是非参加したいと思い、エントリーすることにしました。
韓国もk-popも本当に大好きなんです!よろしくお願いします!!

naboG.G★彡

宮城県仙台市太白区 エントリーした理由: はじめまして。
今年高校一年生になった男です。
この度、被災者のために応援してくださりありがとうございます。
私は、震災の前からK‐POPの虜になっていたのでいつかコンサートに行ってみたいなと思っていました。
その矢先あの恐ろしい地震が来て計画していたことが全てできなくなりました。
そんな時この企画を見たときに私は、涙が出ました。
被災者のためにこんなにも応援してくださる人たちがいることを改めて知りました。
それだけでなくTVやDVDで見たあのドリームコンサートに行けるかもしれないと思いエントリーさせていただきました。
それに去年は震災の影響で学校行事も少なく、辛いことが多かった一年だったので楽しい思い出を作れるように私の夢を叶えてください。
よろしくお願いします。

志賀俊太

エントリーした理由: はじめまして。
震災当日まで宮城県石巻市に住んでいました大学3年の男です。
あの3.11の14時46分は石巻市沿岸部の自宅にいました。
激しい揺れと、物が壊れる音、波打つ電線、そしてちらつく雨混じりの雪。
私の記憶には今でもビデオ映像のごとく、はっきりと鮮明に刻まれています。
危うくも難を逃れた私たち家族ですが、自宅は津波によって流失に等しいほどの甚大な被害があったために、また震災前と同じように生活することは二度と叶わなくなってしまいました。
約20年間暮らした街が打ちのめされ、思い出もすべて波にさらわれ、私は人生ではじめて「絶望」という2文字が頭をよぎったように思います。
しかし、悲しんで下を向いている時間はありませんでした。
皆、今日を生きることに精一杯だったからです。
そんな長引く避難生活のなか、私たちは次のことばを合言葉に励ましあいました。
「どんな状況だって"かならず明日は来るから"」このフレーズは東方神起さんの名曲『明日は来るから』の一部分です。
この言葉を支えに手と手を取りあい、私たちは今日までゆっくりながらも歩んできました。
また最近では家族で少女時代さんのライブDVDを見て、みんなで元気をもらっています。
このようにKーPOPは被災地にたくさんの笑顔と元気を与えてくれています。
さて、今回エントリーにさしあたり、正直なところ迷いました。
高く山積みにされた瓦礫、壊れてしまったままの家々。
これらがまだまだ数多く存在しているのが我が故郷の現状だからです。
しかしながら、今回韓国の皆さんにはこのようなかたちで厚いご好意や愛をいただきました。
ですからそれらをしっかりと被災地へと伝えるための架け橋に私はなりたいと思いました。
また逆に、我々東北は世界各国のご支援を支えにがんばって少しずつ前へと歩んでいますという姿と感謝の気持ちをコンサートの観覧、応援という形でお見せしたいと思います。
そして私自身、KーPOPのパワーを原動力として故郷の復興の先頭を担っていく決意です。
最後に、このドリームコンサートは何度も何度もDVDで拝見しております。
雰囲気がとても素敵で、パワーと笑顔に満ちあふれた素晴らしいコンサートだと感じ、いつか自分も観覧したいという夢をいだいていました。
しかし、震災を受けて経済的にも苦しくなり、夢は夢のままで終わってしまうものだと諦めていた矢先、このような募集をしていただき本当に嬉しかったです。
ぜひ5月に韓国で私の夢が叶うことを心から祈っております。

eve

住所:宮城県仙台市太白区 エントリーしたい理由:まずはじめに、このような企画を与えていただきありがとうございます。
私の住む場所は内陸部であるため津波の被害はなかったものの、停電と断水、ガスの復旧に1か月かかるという被害を受けました。
また、家がマンションであり、部屋がとても入れない状況だったため、車や祖母の家で3日間生活をしていました。
車のテレビやラジオからは現実とは思えない悲しいニュースばかりが流れ、震災後もなかなか立ち直ることができませんでした。
しかしそんな時私を励ましてくれたのは、音楽、そして友達でした。
震災後、被災地のためにK-POPのコンサートが何度か開催されました。
私は、言語も文化も違う韓国のアーティストの方々が、被災地のため、そして日本のために一生懸命パフォーマンスをする姿をテレビで見て感動し、また夢や希望をもらいました。
そして、ぜひこの目でその音楽を感じてみたいと思いました。
しかし開催場所が東京や大阪ばかりで、被災者である私たちが行ける距離ではありませんでした。
私はそれが残念で悔しかったです。
そんな時友達の存在がとても大きく、一緒にK-POPを聴いたりテレビから応援したりして、お互いに励まし合いました。
その友達は小学校からずっと私のそばにいてくれて、震災後に韓国のアーティストの方々が活躍する姿を見て感動し、私と同じく「多くの人をを感動させられるような人になる」という夢を持ちました。
今回このような企画を知り、ぜひその友達と参加し、震災後、実際に感じることができなかったあの感動を生で感じたいと思いました。
また、この企画に参加することであの震災の出来事を心に受け止め、これから夢に向かって歩んでいくための励みになると思いました。
学校でよく言われるのが、「君たちが宮城を復興させていくんだ」という言葉です。
私たち2人は音楽がとても大好きです。
なので、もしこの企画に参加できるのであれば、このコンサートをしっかりと目に焼き付け、肌で感じ、夢に向かって、そして復興に向かって前進していきたいと思っています。
よろしくお願いします。

akie000

私は宮城県仙台市在住です。
自宅に大きな被害はありませんでした。
しかし,同じ県内や東北の方々が津波によって尊い命を失った事は,とてもショックでした。
まだ余震が続き,不安な日々ですが,そんな私の生きがいは,東方神起を応援することです。
先日,ファンクラブ主催でライブビューイングがありました。
ツアーに行くことはあきらめていた私にとって,とても嬉しい事でした。
東北に少しでも笑顔をと開催されたライブビューイング。
東方神起の想いはみんなに伝わったと思います。
なぜなら,会場にいた全員が笑っていたからです。
泣いていた人もいました。
私も東方神起の姿を見たとき,泣きそうになってしまいました。
あのような震災にあったにもかかわらず,今こうして東方神起の姿を見れる幸せ,そして生きていてよかったと心から思い,涙が出てきました。
同時に,明日からまた頑張ろうという気持ちになりました。
だから今度は,このドリームコンサートに参加して,東方神起に感謝の気持ちを伝えたいです。
直接お礼は言えなくても,応援することで私の気持ちを伝えたいです。
きっと私と同じ気持ちの人はたくさんいると思います。
そんな人たちの分まで全力で応援します!どうかよろしくお願いします!

akie000

私は宮城県仙台市在住です。
自宅に大きな被害はありませんでした。
しかし,同じ県内や東北の方々が津波によって尊い命を失った事は,とてもショックでした。
まだ余震が続き,不安な日々ですが,そんな私の生きがいは,東方神起を応援することです。
先日,ファンクラブ主催でライブビューイングがありました。
ツアーに行くことはあきらめていた私にとって,とても嬉しい事でした。
東北に少しでも笑顔をと開催されたライブビューイング。
東方神起の想いはみんなに伝わったと思います。
なぜなら,会場にいた全員が笑っていたからです。
泣いていた人もいました。
私も東方神起の姿を見たとき,泣きそうになってしまいました。
あのような震災にあったにもかかわらず,今こうして東方神起の姿を見れる幸せ,そして生きていてよかったと心から思い,涙が出てきました。
同時に,明日からまた頑張ろうという気持ちになりました。
だから今度は,このドリームコンサートに参加して,東方神起に感謝の気持ちを伝えたいです。
直接お礼は言えなくても,応援することで私の気持ちを伝えたいです。
きっと私と同じ気持ちの人はたくさんいると思います。
そんな人たちの分まで全力で応援します!どうかよろしくお願いします!

Kpanda

初めまして。
改めてたくさんの支援、本当にありがとうございます。
私が今回応募させて頂きました理由は、親友に希望を取り戻してほしいからです。
私も親友も被災者ですが、親友の住んでいる地域は沿岸部の為、今もまだ交通機関が復旧していなく不便な生活をしています。
震災後から「頑張っても仕方ない」など、マイナス思考になってしまい希望をもてずにいます。
私も話を聞いて「一緒に頑張ろう!!頑張れば必ずいいことがあるから」と鼓舞させていますが、助けてあげられずにいます。
親友とは10年の付き合いになります。
KーPOPを教えてくれたのも彼女です。
私が落ちていた時は支えてくれた親友を、今度は私が助けてあげたいんです。
彼女の大好きなKーPOPをアーティストの皆さんの頑張っている姿を、本場韓国で見ることで、自分も頑張ろう!!って思ってくれるようになると思います。
大好きな親友に希望を見つけてあげたいです。
よろしくお願いいたします。
ID:kimu8668

TVXQ5_CNBLUE4_forever Beaming

エントリーしたい理由: 岩手県在住です。
私の住む所は被害は無かったのですが、2日間の停電と断水を余儀なくされました。
私の親戚は、津波の被害に遭い今、仮設住宅に住んでいたり、亡くなった人もいます。
電気を使えない中、電池を使ってラジオを聞いていた時、あるK-POPの曲が流れてきました。
K-POPは殆ど聴いた事が無かったのですが、その曲を聴いた時、涙が溢れてきていつまで続くかわからない状況で、その曲に勇気と希望を貰う事が出来ました。
Twitterで日本を心配し日本語で呟いてくれたり、まだ余震も続く中、岩手県の被災地に『超新星』が炊き出しに来てくださったり、他の韓国のアーティストさんは被災地の為に、チャリティーコンサートを開催して義援金を贈ってくださったり、日本の為に良くしてくださって、感謝しています。
今年3月10日は、『東方神起』が被災地の方を無料で、ライブビューイングを開いてくださったので、参加させていただきました。
彼らのパフォーマンスに、ますます勇気と希望を貰いました。
日本の為に、良くしてくださる韓国のアーティストさんの祖国で、彼らのパフォーマンスを見てみたいです。
復興までまだまだ時間はかかると思いますが、一歩一歩前に進んでいると思います。

sakura131

岩手県在住です。
震災で自宅壁に被害あり、ライフラインがとまりました。
当時中学3年生の息子は卒業式前日で、体育館の天井が崩れて2週間後に生徒のみで余震におびえながらの卒業式になりました。
卒業式を終えて帰宅した息子は寂しそうでしたが震災時、私の実家が釜石で両親と連絡がとれず、その時私は式どころではありませんでした。
幸い、家族は皆無事でした。
私の父は漁師で、息子は休みになると小学生の頃から電車でおじいちゃんの養殖の手伝いに行っていました。
家族は無事でしたが津波で村は全部流されてしまいました。
変わり果てた故郷を見て落ち込んでいた私や実家の両親を励ましてくれたのは息子でした。
今でも釜石に行ってはおじいちゃん達を元気づけてくれています。
高校進学など環境が変わる中、自分も大変だったんだろうなと思います。
落ち込んでいた大人達を前向きにさせてくれた優しい息子に、この支援を知ってプレゼントできたらいいなと母親の私が応募させて頂きました。
もちろん本人も参加希望です!今、高校2年生この時期に海外に行って、いろんな物を見れたらいいだろうな~!と。
岩手、日本を出て大好きな東方神起(今回のTONEツアーに行けなくてとてもがっかりしていました・・・。
)、K-POP,そして韓国を今まで見たこともない世界を見て、感じてきて欲しいと思います。
よろしくお願いします。

Hikaru_2

エントリーしたい理由 宮城県仙台市に住む中学2年生です。
震災から一年。
私の住んでいる地域は内陸部なので津波の被害はありませんでした。
ですが水も電気もないという、経験したことのない生活にストレスが溜まってしまいました。
そのストレスから一時的に抜け出せた時間。
それは「K-POPの歌を口ずさんでいる時間」です。
携帯も音楽機器も持っていなかった私は音楽を聴くことはできませんでした。
でも好きな歌を口ずさむことはできたのです。
好きな歌が頭の中を流れている間、私はとても気持ちがよく、嫌なことなどはほとんど忘れていました。
私は今でもつらいことがあれば好きなアーティストの歌を聞いて気持ちを晴らしています。
そして音楽は「また頑張ろう」という勇気をくれます。
私のように音楽を聴くことで心が落ち着いた方、勇気をもらった方はいっぱいいらっしゃると思います。
だからこのドリームコンサートに参加することで、アーティストに直接個人で気持ちを伝えることは難しいので、声援によって私たちにくれた勇気をお返ししたいと考えています。
また、まだ近くには復旧していない道路などがあります。
それを見るたびにまだ復興していないのだな。
と感じます。
そして少し後ろ向きな気持ちになります。
私は東方神起さん、MBLAQさん、TEENTOPさんが主に好きです。
このドリームコンサートで本物のアーティストを見たらもっともっと勇気をもらえると思います。
なので、復旧していない場所などを見て後ろ向きな気持ちになりそうになったらドリームコンサートのことを思い出し、前向きな気持ちに切り替えていけたらと思っています。

Hikaru_2

エントリーしたい理由 宮城県仙台市に住む中学2年生です。
震災から一年。
私の住んでいる地域は内陸部なので津波の被害はありませんでした。
ですが水も電気もないという、経験したことのない生活にストレスが溜まってしまいました。
そのストレスから一時的に抜け出せた時間。
それは「K-POPの歌を口ずさんでいる時間」です。
携帯も音楽機器も持っていなかった私は音楽を聴くことはできませんでした。
でも好きな歌を口ずさむことはできたのです。
好きな歌が頭の中を流れている間、私はとても気持ちがよく、嫌なことなどはほとんど忘れていました。
私は今でもつらいことがあれば好きなアーティストの歌を聞いて気持ちを晴らしています。
そして音楽は「また頑張ろう」という勇気をくれます。
私のように音楽を聴くことで心が落ち着いた方、勇気をもらった方はいっぱいいらっしゃると思います。
だからこのドリームコンサートに参加することで、アーティストに直接個人で気持ちを伝えることは難しいので、声援によって私たちにくれた勇気をお返ししたいと考えています。
また、まだ近くには復旧していない道路などがあります。
それを見るたびにまだ復興していないのだな。
と感じます。
そして少し後ろ向きな気持ちになります。
私は東方神起さん、MBLAQさん、TEENTOPさんが主に好きです。
このドリームコンサートで本物のアーティストを見たらもっともっと勇気をもらえると思います。
なので、復旧していない場所などを見て後ろ向きな気持ちになりそうになったらドリームコンサートのことを思い出し、前向きな気持ちに切り替えていけたらと思っています。

Rippiu_mi217

宮城県石巻市に住む高校3年生です。
私の住んでいる地域は津波によって沢山の物が失われました。
私の住んでいた家は津波が屋根まできて住めなくなりました。
今は仮設住宅で暮らしています。
私は韓国が大好きです。
2PMとIUのファンです。
K-POPはもちろん韓国料理など韓国がとにかく大好きです。
今は韓国語を喋りたいと思い韓国語を勉強しています。
私の夢はドリームコンサートにいつか行くこと。
でもまだ高校3年生なので行きたくても経済的に行けないのが現実です。
ぜひ私の夢を叶えて下さい!

Rouge1003

私は青森県青森市に住んでいる者です。
3.11は仕事中に突然の揺れが起き、電気、パソコンがあっという間に消え、棚や観葉植物が倒れ、家にやっと帰ることが出来たものの、しばらく停電していました。
食料も無く、寒くてこのままどうなるんだろう。
という不安と、今までの当たり前の生活がいかに幸せで恵まれていたのか気付かされました。
そして、私の住んでいる地域とは比べ物にならないほどの被害を受けた宮城県にいた親戚、友人。
もう会えなくなってしまった方もいます。
韓国の音楽やドラマを私がはまるきっかけを与えてくれた方もいました。
正直、半年ほどは音楽やドラマを見る気もせず、仕事と家事をただただやっていく毎日でした。
しかし、日本へ支援してくださる韓国の方々の優しい声援、元気の湧いてくる音楽にまた以前のようにK-POPを楽しめる心の余裕が出来てきました。
いつも希望と元気を与えてくださり、言葉では表現出来ないほどの感謝の気持ちでいっぱいです。
有難うございます。

Kas

わたしは宮城県黒川郡に住んでいる高校3年生です。
被災当時は高校1年生でした。
いつも通り登校して、いつも通り授業を受けて、いつも通り友達とおしゃべりをしていた時、地震が起こりました。
今まで経験したことのないほど激しく、長い揺れが続きました。
その時は友達の手を強く握り、叫ぶばかりでした。
揺れているうちに停電で電気が消え、色んなものが落ちてきたりして、本当にすごいことが起きたんだと実感しました。
地震発生から約1時間後に机の下から出ても良いと放送で案内がありました。
私はコンピュータ室で授業をうけていたので教室まで戻りました。
学校の壁は剥がれ落ち、水浸しになっているところや窓ガラスが割れていました。
教室に戻ると、悲惨な状況に何もいえませんでした。
ガラスが飛び散り、ロッカーの中身は全て出ていて、どれが誰のものなのか分からない状態でした。
ワンセグで見る津波の光景に鳥肌が立ち、ふるえました。
そんな悪夢のような3.11の3.4日後に電気が復旧しテレビがみられるようになりました。
私は4年前からK-POPがだいすきで、録画してあるものがたくさんあります。
被災中はあかるい話題が少ないですから、そういうものが唯一のリラックス方法でした。
韓国人のアーティストの方々はほんとに日本のことを心配してくれて、メッセージを見る度に元気をもらいました。
そんなK-POPアーティストに会えるこの企画を知り、 本当に嬉しく思い、応募します!まだまだ震災で傷が癒えない私達に希望をくれて感謝しています。

kyons

エントリーしたい理由:宮城県の仙南地区在住です。
決して若くない年齢なので、果たして今回のドリコンに応募をしていいものかと悩みました。
でも、韓国が好きで韓国のアーティスト・歌が好きな事に違いはないと思い、今回応募させていただきました。
昨年の震災では、日本各地だけでなく、世界中の方々からの励ましの声や物資などをいただきました。
本当にありがとうございました。
3・11…自宅から車で40分以上かかる職場で被災しました。
家族と連絡したくても職業柄、携帯はロッカーの中。
家がどうなっているのか、家族は無事なのか確認する術がなく、ただ会社の同僚達と店の外に呆然と立っていました。
『津波が来る!』誰かが叫んでいました。
帰りたくてもすぐに自宅に戻る事も出来ず、ただ焦りばかりが募りました。
職場は幸いにも内陸部に建っていたので津波の被害は受けませんでしたが、自宅のある地域の海沿いは壊滅的な被害を受けました。
津波が自宅まであと100mの所で止まっていた光景を数日後に目の当たりにし、涙が止まりませんでした。
将来への不安を感じた日から、大好きなK-POPも聴かなくなりました。
その気力も無くなっていました。
ただ、がむしゃらにその日を生きなきゃ!!と夢中でした。
そんな時、不通だった携帯電話が鳴りました。
見ると、たくさんのメールやら着信やら。
ほとんどが韓国の友達からでした。
こんなに私の事を心配してくれる友達がいるんだと思ったら嬉しくて、もっと気をしっかり持って頑張らなきゃ!!と思いました。
その日、家に帰ってバッグにしまいっ放しだったipodを取り出し、久しぶりに歌を聴きました。
聴いていて『あぁ~、やっぱりイイ歌だなぁ…。
』と改めて感じました。
震災からこれまでにたくさんのチカラをK-POPアーティストからいただきました。
その感謝の気持ちを少しでもお伝え出来たらと思っています。
『ありがとう』を伝えたいです。

kyons

エントリーしたい理由:宮城県の仙南地区在住です。
決して若くない年齢なので、果たして今回のドリコンに応募をしていいものかと悩みました。
でも、韓国が好きで韓国のアーティスト・歌が好きな事に違いはないと思い、今回応募させていただきました。
昨年の震災では、日本各地だけでなく、世界中の方々からの励ましの声や物資などをいただきました。
本当にありがとうございました。
3・11…自宅から車で40分以上かかる職場で被災しました。
家族と連絡したくても職業柄、携帯はロッカーの中。
家がどうなっているのか、家族は無事なのか確認する術がなく、ただ会社の同僚達と店の外に呆然と立っていました。
『津波が来る!』誰かが叫んでいました。
帰りたくてもすぐに自宅に戻る事も出来ず、ただ焦りばかりが募りました。
職場は幸いにも内陸部に建っていたので津波の被害は受けませんでしたが、

sacchi

たくさんの韓国のアーティストの方達が心配してメッセージや歌を届けてくれて、本当にたくさん勇気や元気をもらいました。
いろいろ大変な事や、心配事もありましたが、やっと少し落ち着いてきて、気持ちにゆとりができてきました。
今度いつ見れるかわからない、もしチャンスがあるなら、一度でも見に行ってみたい。
そう思って応募しました。
もし行くことができたら、お礼を込めて、韓国のアーティストの方々、皆さんにたくさんの声援を送りたいと思います!

れい

エントリー理由:私は仙台に住んでる大学生です。
当時私は高校生で、学校にいました。
突然の揺れでびっくりしたけれど、 それほどひどいものになるとは思わずいたのですが、だんだん強さが増してすごく怖かったのを今でもおぼえています。
それから私が自宅に帰れたのは3日後でした。
両親が学校まで迎えにきてくれました。
あの時は本当に安心しました。
そして、家に帰り、父のお父さん(私のおじいちゃん)の身元が見つかっていないことを知りました。
おじいちゃんは石巻の北上という有名な釣石神社というところに近くに住んでいました。
そして3月27日におじいちゃんの遺体が見つかったと言われました。
私はINFINITEが好きで韓国にも行きたいとずっと思っていました。
でもおじいちゃんが亡くなってしまったことや、お金の心配があり簡単には行きたいという事ができません。
この機会にINFINITEをみて元気を出す事ができれば幸いです。

Kpanda

初めまして。
たくさんの支援本当にありがとうございます。
私は親友からK-POPを教えてもらいました。
その子とはもう10年のつき合いになりました。
震災でその子は海沿い(宮城県東松島市)に住んでいたため、電気も水も使えず。

今も電車は復旧していないため不便な状況です。
親友は震災後から頑張っても仕方ない。

とマイナス思考になってしまいました。
私ガ辛いときはいつも助けてくれた親友を、今度は私ガ助けてあげたいです。
大好きなK-POPを本場で見ることで元気ガ出ると思います。
頑張って良かったと思えるのではないかなと思います。
よろしくお願いいたします。

なるなる

エントリーしたい理由:今回このお話を人伝いに聞き、K-POPに力をもらい過ごしてきたこの日被災からの一年を思い出しました。
私自身は多大な被害は受けなかったものの、友人の中には家を失ってしまった人もいました。
そんな思いもくみ取ってか、このようなコンサートを開催していただけることに心から感謝申し上げます。
今回エントリーさせていただく理由は、もちろんK-POP、韓国の方々に復興の支援をしていただいた感謝の気持ちを何かしらの形で伝える機会になればと思ったことももちろんなのですが、それ以上に大きな理由があります。
今年わたしは留学をします。
そのきっかけをくれたのはほかでもない韓国でした。
言語の壁を乗り越え、こんな優しい方々と心を共有したいと思い、語学を学ぶことの大切さも知りました。
留学先が韓国ではないのは残念ではありますが、そのきっかけをくれた韓国へのお思いは熱い想いがあると自分でも考えています。
復興支援、自分の将来への道を切り開いてくださった感謝の気持ちをぜひ伝えたいと思っております。
一日も早く日本が今以上に元気になるように、私たちも東北から世界に活力と勇気をあたえていきたいです。

infinite7tvxq5snsd9

宮城県の内陸に住んでいます。
津波の被害がないので被災したと言っていいのかわかりませんが、K-POP大好きなのでエントリーします。
小さい工場で働いているのですが、03/11は倒れそうにない重い機械が倒れて壊れたりしました。
余震もひどくて、不安な日々が続きました。
家が古いので夜はいつ強いのがきても逃げれるよう玄関付近に家族で寝る日々が続きました。
携帯も通じない日が5日ほど続きました。
震災後、すぐに東京から社長が来て社員全員に支援物資を届けてくれました。
調達するのも大変だったと思います。
感謝の気持ちでいっぱいです! それからは停電と断水が1週間以上続いてお風呂に入れない日が続きました。
髪は井戸水とストーブで沸かした熱湯をぬるま湯にして洗っていました。
この井戸水は濁っていたので飲むときはコーヒーフィルターで濾して沸かして冷ましてから飲んでいました。
幸い断水停電中のときも発電機があるお隣さん家でお風呂に入ることもできました! この時は毎日が辛くて今までの生活がどんなに幸せなことかよくわかりました。
いつもニュースを見るたび津波で被災した方々に比べたらこれで辛いと思ってたら罰が当たるような気がしていました。
自分は生きていて、家があって、家族がいる。
でも…これでも十分辛かったです。
辛かった分、幸せが欲しいです…

u-max

こんにちは!私は岩手県に住んでいる者です。
私の住んでいる地域では津波の被害はありませんでしたが、2日間の停電にあいました。
電気もガスも使えず、とてもつらく大変な経験をしました。
そんな中、k-popアイドルの皆さんのくれたコメントを読んだりk-popの曲を聴いたりして元気をもらいました。
もっと前向きに考えようという気持ちになれました。
勇気と希望を与えてくれた韓国のアーティストさんのパフォーマンスを、彼らの祖国の韓国で見てみたいと思いました。
韓国のアーティストさんの魅力あふれるパフォーマンスを見て元気をもらいたいです。

TVXQ5_CNBLUE4_forever Beaming

岩手県在住です。
私の住む所は被害は無かったのですが、2日間の停電と断水を余儀なくされました。
私の親戚は、津波の被害に遭い今、仮説住宅に住んでいたり、亡くなった人もいます。
電気を使えない中、電池を使ってラジオを聞いていた時、あるK-POPの曲が流れてきました。
K-POPは殆ど聴いた事が無かったのですが、その曲を聴いた時、涙が溢れてきていつまで続くかわからない状況で、その曲に勇気と希望を貰う事が出来ました。
Twitterで日本を心配し日本語で呟いてくれたり、まだ余震も続く中、岩手県の被災地に『超新星』が炊き出しに来てくださったり、他の韓国のアーティストさんは被災地の為に、チャリティーコンサートを開催して義援金を贈ってくださったり、日本の為に良くしてくださって、感謝しています。
今年3月10日は、『東方神起』が被災地の方を無料で、ライブビューイングを開いてくださったので、参加させていただきました。
彼らのパフォーマンスに、ますます勇気と希望を貰いました。
日本の為に、良くしてくださる韓国のアーティストさんの祖国で、彼らのパフォーマンスを見てみたいです。
復興までまだまだ時間はかかると思いますが、一歩一歩前に進んでいると思います。

O___kura Drdr

こんにちは! 私は宮城県に住んでる者です。
私の住んでる地域でも津波の被害を受け 今更なる復興に向けて頑張っています。
私の家は海から離れていたので津波の被害はありませんでしたが、建物が古く至る所に亀裂が入ったり、天井が落ちたりしてしまい住める状態ではなくなってしまいました。
なので今はアパート暮らしをしています。
そして6月頃には新しい家が建つ予定です!3.11を経験しあの時はとても辛く、この先の不安ばかりが募る日々を過ごしていました。
そんなとき支えてくれたのが K-POPでした。
K-POPを聴いてるだけで自然と 不安が解消し、明るい日差しが見えてきました。
音楽の力はすごいと思いました。
私にとってK-POPはかけがえのない存在です。
生きる力です!これからも私たちに生きる力を与えてください。

yuri

こんにちは。
私は宮城県に住んでいる者です。
私は、4年前からk-popをきっかけに韓国が大好きでした。
私は、3.11自動車学校にいました。
私がいた建物は、古いわけではなかったのですが、崩壊して閉じ込められてしまいました。
運よく椅子と椅子の間にいたので、助かることができました。
何十分の間閉じこめられ、さらには、家族とも連絡が取れず、不安な時間を過ごしました。
その時、友達と少しでも不安を消すために、k-popを聞き続けました。
k-popは私にとってかけがえのないものです。
今回参加することができたら、多くの方に感謝の気持ちを伝えたくエントリーしました。
まだまだ復興には時間がかかりますが、k-popを聞きながら頑張っていきたいと思います。

H.Y

わたしは宮城県に住んでいます。
親戚の家は流されました。
私の家は海に近くなかったので無事でした。
しかしガス、水道、電気が止まり、私の家で親戚13人で1ヶ月過ごしました。
妹が3人と弟が1人います。
テレビもつかないとき、学校の発電機で携帯を充電してK-POPをずっと聞いていました。
妹達と一緒に聴いていて、今では共通の趣味になりました。
そして今回の参加を勧めてくれたのも妹です。
ぜひ行ってみたいと思いました!よろしくお願いします。

ゆんあ

以前からこのドリームコンサートをテレビを通して観ていて、いつか行ってみたいと強く願っていました。
たくさんの韓国人歌手の方達が心配してメッセージをくれて、本当に勇気を頂きました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです‼ 改めて音楽を通して、人との繋がりを強く感じた出来事でした。
辛いことがあっても、いつも大好きなK-POPを聴いてここまで頑張ってこれました。
現地韓国で生の歌声を聴いてまた生きる励みとして頑張りたいと思います♪

Cyok-love Saranghe-cyok

こんにちわ。
住所を見て分かるように自分の住んでいる場所では、被災した方達の地域とは遠いため被害は全く無かったです。
だからと言ってやはり被災した方達の為にも何かしたい気持ちが強かったので色々できることを探してました。
でもやはり被災したのは自分ではない方なのでどうゆう気持ちでどうゆう生活をしてらっしゃるのかさえ分からない状況で、何も出来ない状況でした。
そしてこのサイトを見つけました。
もしこのコンサートに自分が招待していただいたなら 自分は被災者の方の話を是非聞かせてもらい、学校で発表をして色々な人に知って頂ける機会にしたいと思っています

SCM

宮城県在住です 震災から1年経ちましたが あまりにも辛い出来事だったのでまだ気持ちの整理がつきません 少しずつでも前に進むめるように頑張っていきたいです

あき

私は仙台に住んでいるので津波の被害はありませんでしたが地震による被害がありました。
電気・水・ガスのライフラインが使えない状態だったので秋保に住んでいる祖母の家に家族5人そしていとこの家の4人みんなで避難しました。
その祖母の家では電気・ガスのライフラインが使えなかったけど水だけは使えていたのでみんなで庭で炊き出しをしていました。
でも少しずつライフラインも復旧してきて使えるようになりました。
避難しても余震が多くすごく不安だったけど、K-POPの歌を聴いていたらだんだん元気になっていき不安も無くなっていきました。
音楽の力は、すごいと感じることができました。
K-popを生で聴いてみたいとすごく感じたのでエントリーしました。

ゆりたん

エントリーしたい理由:私は仙台に住んでいます。
内陸側に住んでいたため、津波の被害はありませんでしたが、地震により被害を受けました。
電気も水もガスも全て断たれた生活。
家族、近所の人達と協力し合って過ごしました。
少しずつライフラインが使えるようになり、家族でK-POPが大好きな私達は、音楽を聴いて元気になりました。
K-POPアイドルのみなさんはたくさんのコメントを日本に向けて送ってくださり、「PLAY FOR JAPAN」という写真を見たとき、本当に嬉しかったです。
音楽で元気にしてくれる、楽しませてくれるK-POPを現地で味わいたいと強く思い、エントリーしました。
私の母と妹と3人で、韓国で行われるコンサートに行ってみたいです!家族で現地に行ってコンサートを楽しむことが、K-POPを好きになってからの夢でした! 私の住んでいるマンションは、1年が経ち先日ようやく復旧工事が始まりました。
私の住んでいる地域だけでなく、東北の早い復興を願っています。